FC2ブログ
ベタ基礎部分のコンクリートを施工しました。

「ベタ基礎とは?」

面で家を支える構造の「ベタ基礎工法」は、お茶を運ぶお盆だと思ってください。

お盆は、テーブルの端に1/3ほど飛び出しても落ちません。これは面で支えているおかげなのです。

面で支えるということは、地震や大雨などで起こる不同沈下(地盤が不均等に沈下してしまう現象)に強く、特に阪神淡路大震災以降、住宅の基礎工事に広く使われている基礎工法です。

さらにさらに鉄筋コンクリート造りのため、基礎スラブ(基礎の床部分)下からの害虫(シロアリ、ダニ)の影響を受けにくい工法です。



DSC05119.jpg
スポンサーサイト



2009.03.17 Tue l 鳥取市 宮下 H様邸 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://plushome.blog110.fc2.com/tb.php/89-1aadf5fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)