FC2ブログ
DSC04021.jpg

2階には窓が取り付けられていました。

秋里の家ではLow-E複層ガラスを採用しています。

Low-E複層ガラスの特徴

1) 遮熱性能   日射熱取得率の比較
 商 品 名      日射熱取得率
フロート単板        84%
一般複層ガラス      71%
Low-E 複層ガラス    37%

太陽からの日射熱エネルギー(近赤外線)の室内への侵入を抑制する性能を遮熱性能と言い、その性能値を日射熱取得率で表わします。日射熱取得率は、日射熱を100とした時に、何パーセントの熱が室内に侵入するか、を示しますので、比率が低いほど遮熱性能が良いことになります。

LOW1.jpg


2) 断熱性能   熱貫流率の比較
商 品 名         熱貫流率 W/m2K
フロート単板          5.8
一般複層ガラス        2.9
Low-E 複層ガラス      1.6

室内外の温度差による熱エネルギー(遠赤外線)の移動に関する性能を断熱性能と言い、その性能値を熱貫流率で表わします。熱貫流率は、例えば冬の夜に、室内から室外へ窓を通して熱が移動する時、1時間・1m2当たり移動する熱量を、室内外の温度差で割ったもので、値が低いほど断熱性能が良いことになります。又、断熱性能が向上すると、室内側のガラス表面の温度が下がりにくくなる為、結露が発生しにくくなります。

LOW2.jpg

スポンサーサイト



2008.07.13 Sun l 鳥取市 秋里 M様邸 TB(0) l top ▲

トラックバック

トラックバックURL
→http://plushome.blog110.fc2.com/tb.php/73-2306f1c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)