FC2ブログ


P1000761_20110227092856.jpg

木工事が進められています

家の骨組みがよくわかりますね。

地震や台風の際に建物にかかる水平力に抵抗するための構造に

筋交いや耐力壁(面材)があります。

筋交いは柱と梁、柱と土台に筋交いプレートで接合され、

ボルト、かすがい、釘、その他の金物で緊結されます。

この筋交いプレートが取り付けられていないと、せっかくの筋交いも耐震効果が半減です

全ての筋交いの接合部に筋交いプレートを設置していくのは結構大変ですよね

単調な作業ですが、だからこそ気を抜かずしっかりプレートを固定していく必要があります。

大切な家を揺れの災害から守ってくれる重要な作業ですからね



スポンサーサイト



2011.02.27 Sun l 烏取市 緑ヶ丘2丁目 F様邸 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://plushome.blog110.fc2.com/tb.php/300-b0c30a74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)