FC2ブログ
住宅屋さんには欠かせないCADですが、

当社では最近新しい三次元CADを導入しました

ちなみにCAD(キャド)とは【Computer Aided Design】「コンピュータ支援設計」の略です。

建築物や工業製品の設計にコンピュータを用いることで、

図面を描いたりデザインするためのコンピューターソフトです。

以前は製図やトレースという手作業によって紙に設計図面を作成していましたが、

今ではほとんどの設計図はCADを使ってコンピュータ上で描いています。

さてさて・・・その新しいCADですが、

まだ慣れなくて使いこなせていない現状です

以前のものよりパワーアップしていますが、

操作方法がわからなかったりで悪戦苦闘していて実力発揮できていません

外観パース
新しいCADで作った外観パースです。

鳥瞰パース1階
同じく鳥瞰図(ちょうかんず)です。

鳥瞰図とは、

鳥の目から見たように高いところから地上を見下ろしたように描いた図のことです。

鳥目絵(とりめえ)とも言います

平面図よりイメージがしやすいですね。



新しいCAD、頑張って早くマスターしなくては・・・



スポンサーサイト



2010.11.13 Sat l 雑談 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://plushome.blog110.fc2.com/tb.php/268-1c98a961
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)