FC2ブログ
柱の外側に断熱材が張られました。

断熱材と断熱材の間に気密テープを張って隙間を塞ぎます。



サッシ部分もしっかりテーピングします。

DSCF0953.jpg

20080202164729.jpg

プラスホームの大きな特徴のひとつが【外断熱】です

【外断熱】の普及率は新築の約5%とまだ極少数ですが、

【外断熱】ならではのメリットはたくさんあります。

表にある壁体通気とは、壁の中を通気できるかということです。

では、壁の中が通気できるとどういうメリットがあるのでしょうか。

内断熱のように壁の中が断熱材で詰められていると、通気できない→風が通らないわけです。

木というものは乾燥状態にあってはじめて本来の強度を発揮します。

それが常に湿潤状態にあると、強度が低くなり、

最悪の場合シロアリなどの被害も考えられます。

さらに木には調湿作用があります。

外断熱をすることの最大のメリットは、この“木の調湿作用”であると考えています。

外断熱による木部の調湿作用のおかげで、内断熱に比べ、外断熱のほうが湿度が低く保てるのです。


断熱材  クリック

スポンサーサイト



2010.02.08 Mon l 鳥取市 卯垣 I様邸 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://plushome.blog110.fc2.com/tb.php/165-65f59367
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)