FC2ブログ
DSC03041.jpg


ベタ基礎部分のコンクリート打ちが終わったところです。



最近、基礎で多く使われるのは「ベタ基礎」と呼ばれるものです。

建物下の地盤全体に鉄筋を配筋し、そこにコンクリートを流し込んで作ります。

地盤に施工された鉄筋コンクリート面全体で建物を支える構造になっているため、

地震や台風などの衝撃を効果的に地盤へ逃がすことができます。

また、軟弱地盤でもこの工法を施せば、安全に家を建てることができるとされています。



スポンサーサイト



2008.03.21 Fri l 鳥取市 宮長 S様邸 TB(0) l top ▲

トラックバック

トラックバックURL
→http://plushome.blog110.fc2.com/tb.php/16-dd3996df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)