FC2ブログ
鳥取市 Y様邸

先日の上棟後、木工事が着々と進行しております。

sP4260077.jpg

アイランドキッチンが据え付けられる予定の広々リビング

ん?床に何やら銀色のマットのようなものが敷かれていますね。

そうです!
足元あったか床暖房です

贅沢にも24帖のLDK全体に敷き詰められております

こちらのY様邸は、ガスハイブリッド給湯システムを採用しております

電気とガスの良いとこ取り

そしてこの床暖房は、そのシステムで作った給湯から温水で床を暖める仕組みです

エアコンのように空気を暖めるのではなく、床そのものを発熱体とするので、
「輻射熱(ふくしゃねつ)」による暖房となるのが心地良い暖かさのポイントです

輻射熱による暖房は、一言で言えば「物自体が暖まる」ということ。
不快な気流を浴びることなく、またエアコンにありがちな空気の乾燥も生じない、とても優しい暖かさに包まれます

sP4260083.jpg


そして、プラスホームの【外断熱工法】は、とても輻射熱暖房と相性が良いのです


なぜなら、外断熱は、「柱などの構造躯体をすべて断熱で覆うから」。

断熱で覆われた構造木材はすべて室内側となり、外気に触れません。

輻射熱によって、木材自体が暖房の熱を蓄えるのです。

冬、構造木材が冷えるどころか、暖まる(蓄熱される)のが、外断熱の強み


「温かくなった物に囲まれる。」

これこそが理想の暖房です。

床暖房とは言っても、床だけじゃないんです。
壁も柱も全~部丸ごと暖まって保温されるのが「外断熱」なんです

いかがでしょうか。
外断熱の威力、伝わりましたでしょうか


(蛇足)
ちなみに、今どきのエアコンは超低ランニングコスト。この点エアコンに勝る物はそうそうありません。
ただし、真冬。外気が氷点下になると機能しなくなってしまうことがあります。霜取り運転とか。
エアコンの特性上仕方ないことですけどね。
一番必要な時に動かなくなっちゃう・・・。
この点、ガスは真冬にも影響を受けず強いということも言えますね



にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取(市)情報へ
↑↑↑ランキングに参加しています。ポチッとクリックして頂けると管理人が喜びます♪

↓↓↓【プラスホームホームページ】【スタッフブログ】もご覧下さい
ロゴ図4


スポンサーサイト



2018.04.27 Fri l 鳥取市 Y様邸 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://plushome.blog110.fc2.com/tb.php/1215-7b36ea92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)