FC2ブログ
鳥取市卯垣 O様邸

上棟を控え、先日【土台墨】が行われました

基礎の上に乗せる土台の位置を予め墨だししておくのです。

KIMG01752.jpg

写真では見づらいでしょうか

この墨だし、実はすごく重要で、

墨だしの位置に基づいて土台がのせられ、骨組みが作られていくこととなります。

ですので、平行や直角が正確にとれているか、厳重に注意をしながら行います!

三平方の定理で直角をしっかりと確認しながら進めていきます

FullSizeRender_201605301041116ed.jpg

↑ ↑ ↑ 三平方の定理、私は授業で習ったなぁってレベルですが、

現場ではしっかり役立っているのですね


明日、この土台墨に基づいて【土台敷】が行われます


明日は天候も良さそうですので、上棟に向けてしっかり準備が整います!!



そしてそして・・・


KIMG0175_201605301053511e9.jpg


これ、四つ葉っぽくないですか 素敵。  クリックで拡大します


★スタッフブログも是非ご覧くださいね
スタッフブログ

 にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取(市)情報へ
↑↑↑ランキングに参加しています。ポチッとクリックして頂けると管理人が喜びます♪


スポンサーサイト
2016.05.30 Mon l 鳥取市 卯垣 O様邸 l COM(0) TB(0) l top ▲
鳥取市卯垣 O様邸

基礎の型枠が外され、基礎が完成しました

DSC_1489.jpg

もう一枚 こちら側が玄関部分ですね♪

DSC_1496.jpg


プラスホームでは【ベタ基礎】を採用しております。

ベタ基礎とは、基礎の立ち上がりだけでなく、

底一面が鉄筋コンクリートになっている基礎です。

家の荷重を底板全面で受け止め、面で支えるので安定性に優れています。

また、地面をコンクリートで覆うため、地面からの湿気を上げず、

シロアリからも家を守ります!!


こちらのO様邸、土台敷きをして、6月2日上棟予定となっております

晴れますように!!

★スタッフブログも是非ご覧くださいね
スタッフブログ

 にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取(市)情報へ
↑↑↑ランキングに参加しています。ポチッとクリックして頂けると管理人が喜びます♪




2016.05.27 Fri l 鳥取市 卯垣 O様邸 l COM(0) TB(0) l top ▲
鳥取市卯垣 O様邸

基礎の立ちあがり部分の型枠が設置されたところまではご紹介していましたね

DSC_1436.jpg


その後、立ち上がり部分にコンクリートが入れられました!

DSC_1441.jpg


寄ってみましょう ↓ ↓ ↓

DSC_1445.jpg


そして、コンクリートを流したところにシートを被せました ↓ ↓ ↓

DSC_1460.jpg

コンクリートが硬化していく過程で、日照りが続いたり、暑い日が続くと、急激に水分がとんで

乾燥ひび割れを起こしてしまいます。それを防ぐ為のシートです。

十分なコンクリート強度を確保するには、

適度な温度と湿気(水分)を保ちながらの適切な養生が必要なんです

水分がとべば良いってことではないんですね。


現在コンクリート養生期間です


★スタッフブログも是非ご覧くださいね
スタッフブログ

 にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取(市)情報へ
↑↑↑ランキングに参加しています。ポチッとクリックして頂けると管理人が喜びます♪



2016.05.24 Tue l 鳥取市 卯垣 O様邸 l COM(0) TB(0) l top ▲
鳥取市卯垣 O様邸。

基礎の立ち上がり部分の型枠が設置されました!

DSC_1422.jpg

『立ち上がり部分は建物の柱や耐力壁(たいりょくへき)の荷重を受ける部分となります。

また、ベタ基礎の平面を区画しながら、コンクリート構造の梁の役割を担います。』


以上、1級建築士 工務Hによる説明でした。

もっと難しいこといっぱい説明したそうでしたが、今日はこの辺にしておいてもらいました


本日はこの型枠の中に、コンクリートが入れられる予定です

この時期のこの天気、コンクリート工事がはかどります


★スタッフブログも是非ご覧くださいね
スタッフブログ

 にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取(市)情報へ
↑↑↑ランキングに参加しています。ポチッとクリックして頂けると管理人が喜びます♪


2016.05.20 Fri l 鳥取市 卯垣 O様邸 l COM(0) TB(0) l top ▲
鳥取市卯垣 O様邸

先日基礎配筋が完了し、基礎の底面となる部分へ

コンクリートが入れられました。(土間コンクリート打設)


↓ ↓ ↓ 何やらクレーンで吊られ、コンクリートが流されています
DSC_1411.jpg

このコンクリート入ってるやつ、何って言うんですか?って工務Hに聞いてみたら

「バケット。コンクリートバッケトですね」って言うから

「えー、バケット~??
バケットって言ったら、ピクニックにもって行くパン思い浮かべますよねぇ。違うでしょ~」
って調べてみたら、ほんとにコンクリートバケットでした疑ってすみません。


↓ ↓ ↓ そして道具を持ちかえたお兄さん。
DSC_1413.jpg

これはコンクリートバイブレータ。

流し込んだコンクリートに振動を与え、中の空気を抜きながら

基礎の隅々までコンクリートを充填していきます。

こうすることで、強度・耐水性・耐久性に優れたコンクリートができるのです


↓ ↓ ↓ 底面全てに流し終わり、土間コンクリート打設完了です!
DSC_1419.jpg


本日もO様邸、工事進行いたします♪


★スタッフブログも是非ご覧くださいね
スタッフブログ

 にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取(市)情報へ
↑↑↑ランキングに参加しています。ポチッとクリックして頂けると管理人が喜びます♪



2016.05.19 Thu l 鳥取市 卯垣 O様邸 l COM(0) TB(0) l top ▲
先日配筋工事を行いました鳥取市卯垣 O様邸。

DSC_1337.jpg

地面からの湿気を住宅に上げないよう防湿シートをし、まわりに捨てコンクリートを打ちます。

鉄筋や型枠の位置をとるときに、

このコンクリート上に線をひくのです。(墨だし)

捨てコンクリートをすることでその墨だしがしやすくなり、

配筋・型枠設置といった基礎の精度が上がるというわけです!

(だったら全然『捨ててない』じゃん、生きたコンクリートじゃんって私は思いましたけどね)


その後鉄筋を組み、本日は第三者検査機構による

配筋検査を受けました

DSC_1397.jpg

配筋図の通りに鉄筋の位置、ピッチが正しく配置されているか、鉄筋の直径は適切か、

などチェックを受けるのです。

この検査を受ける前に現場監督工務Nが事前にしっかり確認をします

もちろん、配筋検査、問題なく終了いたしました!

今後、型枠設置に入ります

★スタッフブログも是非ご覧くださいね
スタッフブログ

 にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取(市)情報へ
↑↑↑ランキングに参加しています。ポチッとクリックして頂けると管理人が喜びます♪


2016.05.16 Mon l 鳥取市 卯垣 O様邸 l COM(0) TB(0) l top ▲
先日お客様のお宅に、窓の内側に転落防止手すりをとりつけにお伺いしました。

KIMG0133.jpg

こちらの手すり、一枚の板から大工さんが加工して作ったものです。


そしてご紹介したいのは、「ダボ」

KIMG0136.jpg

↑ ↑ ↑ 写真中央に小さく見える丸いもの。ダボが埋め込まれています。

窓枠と手すりをビスで固定するのですが、その固定用ビスがむき出しだとカッコ悪い!

ということで、木材でカバーをしています。

この、小さなところまでこだわるあたり、日本人の繊細さが感じられて好きです


そしてさらに好きなのが、「どの面のどの位置からダボをとれば木目が一番きれいに合うか」と

木材それぞれの面の色んな位置でダボの試し取りをする、大工さんの配慮ある仕事

IMG_1481.jpg

素敵です

↓ ↓ ↓ ダボをカットし表面を滑らかに整えます。

KIMG0116_20160512132424a73.jpg

細やかでこだわりを持った手仕事の素晴らしさをご紹介させていただきました


★スタッフブログも是非ご覧くださいね
スタッフブログ

 にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取(市)情報へ
↑↑↑ランキングに参加しています。ポチッとクリックして頂けると管理人が喜びます♪


2016.05.12 Thu l 鳥取市 浜坂 I様邸 l COM(0) TB(0) l top ▲
鳥取市卯垣 O様邸

昨日は【掘り方】にとりかかりました

基礎を作るために地盤を掘削する作業をしています↓ ↓ ↓

DSC_1256.jpg


そしてこちらは鎮め物↓ ↓ ↓

工事の安全や、これから住まわれるご家族の安穏と幸福を願い

土地の中央部分に鎮めます

DSC_1262.jpg



基礎となるところ全体に砕石を敷き詰めます。

DSC_1284.jpg


きれいになってきましたね

DSC_1291.jpg


そしてうしろ姿のお兄さんは、敷き詰めた砕石を転圧しています

基礎が沈まないように転圧して締め固め、住宅基礎に必要な耐力性を出す工程です。

DSC_1292.jpg


転圧完了↓ ↓ ↓

DSC_1299.jpg

掘り方が終わった写真を見るといつも思います。

きれいで気持ちがいい!!
現場監督の工務Nがしっかり写真におさめて帰ってきたので、皆様にご紹介できて良かったです

と、私の感想はおいといて・・

O様邸、捨てコンクリート、配筋工事へと進みます

今後もぜひこちらのブログをチェックしてくださいね

最後までお読みいただきありがとうございます!

★スタッフブログも是非ご覧くださいね
スタッフブログ

 にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取(市)情報へ
↑↑↑ランキングに参加しています。ポチッとクリックして頂けると管理人が喜びます♪



2016.05.10 Tue l 鳥取市 卯垣 O様邸 l COM(0) TB(0) l top ▲
鳥取市卯垣 O様邸

昨日丁張りが完了しました

事前に工務N工務H地縄を張って準備をしていました。

地縄とは、丁張りの前に建物の配置を確認する為のものです。


写真に写っている三脚みたいなのがレベルで、

水平を測り、建物の高さの基準を出します。

DSC_1226.jpg


そして、地縄に基づいて建物の位置と水平を確定させる水糸を張るのですが、

その水糸を張るための仮設構造物が丁張りです。

下の写真の、四隅に立てられたものが丁張りで、

ちょっとうすくて見にくいですが、グルリと囲うように張ってあるのが水糸です。

DSC_1228.jpg

建物の水平をとり配置を確定する、最初の大事な工程なのですね


O様邸、週明けには掘り方に入ります!

工務Nに躍動感溢れる掘り方の写真をとってくるように今朝お願いしたので、

週明けにはこちらのブログでご報告できることと思います


★スタッフブログも是非ご覧くださいね
スタッフブログ

 にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取(市)情報へ
↑↑↑ランキングに参加しています。ポチッとクリックして頂けると管理人が喜びます♪


2016.05.07 Sat l 鳥取市 卯垣 O様邸 l COM(0) TB(0) l top ▲
本日、朝9:00より鳥取市卯垣にてO様邸地鎮祭が執り行なわれました。

地鎮祭が始まると、向かいで遊んでいた近所の小さい子供たちが、
何か楽しそうなことやってる~という面持ちで、興味深々の様子でした。

神主様がパシッと拍手を打つ度に、近所の子供達も真似してペチィと拍手をしてくれてました

地鎮祭の終わった後には、O様お子さんと近所の子供達がさっそく仲良くなり、
これから新しく家が建つ敷地で走り回って遊んでいる姿がなんとも微笑ましかったです

1_20160503141325df5.jpg
 ↑O様邸地鎮祭の様子



O様邸の地鎮祭が終わると、すぐ移動して、
次は11:00から湖山南のK様邸地鎮祭へ。


そう。
今日はなんとO様邸とK様邸の地鎮祭がたまたま同じ日に執り行われたのでした


ところが、K様邸地鎮祭の時には、あいにく風がかなり強まり、
これではさすがに祭壇がセットできないとなってしまい、
急遽、出雲大社浜村教会へ移動して地鎮祭を行う運びとなりました。


2_20160503142000ac6.jpg
 ↑K様邸地鎮祭の様子

出雲大社浜村教会の場で行われる地鎮祭では、現地の地鎮祭では行われない太鼓の演奏がありました
畳に坐ってお祓いをして頂き、工事の無事進行を祈願する形式となりました。


O様、K様、本日はおめでとうございます。


同日に行われた2件の地鎮祭はそれぞれの形で行われましたが、
これからO様邸、K様邸、それぞれの形で、この世で1棟しかないオリジナルの家づくりの工事を進行してゆきます。

プラスホーム一同、気を引き締めて、思い入れをもって工事を進めて参ります。


★スタッフブログも是非ご覧くださいね
スタッフブログ

 にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取(市)情報へ
↑↑↑ランキングに参加しています。ポチッとクリックして頂けると管理人が喜びます♪



2016.05.03 Tue l 鳥取市 卯垣 O様邸 l COM(0) TB(0) l top ▲