FC2ブログ
DSCF2485.jpg

DSCF2490.jpg

木工事は順調に進んでいます。

小屋裏には、地鎮祭で神主さんから頂いた御札が張付けられています。





スポンサーサイト
2010.04.26 Mon l 鳥取市 宮長 Y様邸 l COM(0) TB(0) l top ▲

DSCF2493.jpg

防湿シートが貼られ、外壁の下地となる胴縁が施工されました。

この胴縁の隙間で空気を行き来させるわけです。

こちらは平屋の事務所兼倉庫なので、工期が短く、5月中旬には竣工予定です。





2010.04.26 Mon l 鳥取市 雲山 U様倉庫 l COM(0) TB(0) l top ▲


フロアが貼られている途中です。

フロアの下は構造用合板28mmです。

厚物構造用合板と呼ばれ、曲げに強いために根太を省略することができます。


2010.04.22 Thu l 鳥取市 宮長 Y様邸 l COM(0) TB(0) l top ▲
DSCF2481.jpg
DSCF2458.jpg

筋交や火打梁の様子がわかります。

火打梁とは、木造の床組や小屋組で、

地震や台風時に発生する水平力による変形を防止するために設ける斜材です。

1階の床に設けるものを火打土台、

2階などの床や小屋組に設けるものを火打梁と言います。

最近では鋼製でできた既製品の火打金物を使うことも多くなってきました。



2010.04.22 Thu l 鳥取市 雲山 U様倉庫 l COM(0) TB(0) l top ▲


屋根の板金工事の様子です。

【板金】というと、自動車の鈑金を思い浮かべる方が多いかと思いますが、

建築の板金とは、建物の外壁や雨樋や屋根工事などをすることです。

ちなみに・・・建築板金の【板】の字と

自動車鈑金の【鈑】の字が違います



2010.04.20 Tue l 鳥取市 雲山 U様倉庫 l COM(0) TB(0) l top ▲


DSCF2434.jpg

現場が多忙のため、停滞していた新事務所の工事ですが、

ようやくサイディングが貼られ、事務所らしくなってきました。

サイディングが上下の写真で全く違いますが、これは貼り分けをするためです。

この写真だけだと、いったいどんな外観になるのかイメージできないと思いますが、

もうすぐ全貌を公開できるかと思いますのでお待ちくださいね







2010.04.20 Tue l プラスホーム事務所 l COM(0) TB(0) l top ▲


あいにくのお天気でしたが、上棟が滞りなく行われました。

晴れ男社長のパワーも今回は通じず・・・。

ひとまず無事に終了したので安心しました。




2010.04.17 Sat l 鳥取市 雲山 U様倉庫 l COM(0) TB(0) l top ▲


木材が搬入され、上棟の準備が進んでいます。

明日はいよいよ上棟です。

2010.04.15 Thu l 鳥取市 雲山 U様倉庫 l COM(0) TB(0) l top ▲


4月10日(土)11日(日)に開催させて頂いた構造見学会の様子です。

隙間なく施工された断熱材や、オール4寸柱が使用されているのがよくわかります。

DSCF2042.jpg

サイディングが貼られている途中です。

断熱材とサイディングとの間には胴縁(どうぶち)という下地部材が施工されています。

この写真では縦に入れられていますが、

サイディングの貼り方によって横に入れる事もあります。

2010.04.12 Mon l お知らせ l COM(0) TB(0) l top ▲


コンクリート打設が終わりました。

養生期間をおいて型枠を解体し、土台を据付け、

次はいよいよ上棟です。



2010.04.08 Thu l 鳥取市 雲山 U様倉庫 l COM(0) TB(0) l top ▲
4月10日()・11日(
AM10:00~PM5:00

鳥取市宮長の構造見学会を開催することになりました

家づくりの基となる構造をご覧頂きながら、

プラスホームの家づくりについてご説明させて頂きます。

出来上がってしまうと隠れてしまう、見えなくなってしまう

基礎・構造こそ大切です。

この機会に是非、プラスホームの構造をご覧下さい。

 開催場所 
Map_20100405101145.jpg



2010.04.05 Mon l お知らせ l COM(0) TB(0) l top ▲