FC2ブログ
プラスホーム新事務所の上棟の様子です。

当社社長が見守る中作業は順調に進んでいきます。

DSCF0512.jpg

DSCF0511.jpg

DSCF0524.jpg

DSCF0527.jpg

DSCF0525.jpg

DSCF0541.jpg
これは下げ振りで柱の垂直を確認しているところです。

建て方など風の出るところで測るには、筒の中に下げ振りを入れて、

風防止用の防風下げ振りを使います。

DSCF0534.jpg

DSCF0536.jpg

DSCF0540.jpg

DSCF0543.jpg

DSCF0542.jpg

DSCF0544.jpg

DSCF0545.jpg

DSCF0551.jpg

DSCF0556.jpg

DSCF0547.jpg

ハイスピードで家が組みあがっていきました




さてさて、今年も残りもう僅かですね。

当社は明日からお正月休みに突入です。

皆様、良いお年をお迎え下さい

スポンサーサイト
2009.12.29 Tue l プラスホーム事務所 l COM(0) TB(0) l top ▲
上棟のことを、【建前たてまえ】 【棟上げむねあげ】 【建て方たてかた】と呼んだりしますが、

この「建前」という言葉、どこかで聞いたことありませんか?

実は「本音と建前」という言葉の語源 が、上棟の時に使われる「建前」からなんです。

これは、ある女性を供養するために始まったという言い伝えがあります。

週刊・建築リフォーム&リニューアルという

サイトの一部を参考に少しご紹介したいと思います。


ある高名な棟梁が建前の前夜、玄関の柱が短いことに気付きました。

明日の建前が無理だと悟った棟梁はそのことを恥じ、

自殺まで考えるほど思い詰めました。

そのことを知った妻は、夫に酒を勧めて眠らせ一晩中考えた末、

不足を枡で補うという名案を思いつきます。

建前の朝、目覚めた夫に妻は無言で3つの枡を差し出しました。

夫はすぐに妻の考えを悟り、一升・五合・一合の枡を組み合わせ、

無事に建前を迎えることができました。

ところが、このことが外に漏れることを恐れた棟梁は、

なんと妻を殺してしまったのです。

そして、その弔いとして棟に女の七つ道具である

口紅・白粉・櫛・かんざし・鏡・かつら・こうがいを飾りました。





最近では簡略化されることも多くなっていますが、

これが建前の儀式になったというわけです。

棟梁たちによって語り継がれてきた切ない建前の神話は、

家を建てること=建前を仕事とした男のすさましいばかりの執念と、

その男の生きざまに本音で殉じた女の物語です。

そして・・・これが本音と建前の語源となったそうです。



2009.12.27 Sun l お知らせ l COM(0) TB(0) l top ▲
建物の骨組みを現場で組み立てる準備がされています。

IMG_0247.jpg

IMG_0259.jpg

IMG_0250.jpg

IMG_0251.jpg

プレカットされた木材が搬入されています。

※プレカットとは、建築用の材料を事前に工場で加工しておくことです。
建築現場に搬入された時点ですぐに使用できるので、大幅な工期の短縮が可能になります。
コンピュータやCADソフトなどを使用した工場で精密加工されているので、品質にばらつきがなく安定している点もポイントです。


上棟に先立って外部足場が組まれていきます。


2009.12.26 Sat l プラスホーム事務所 l COM(0) TB(0) l top ▲
吉岡温泉町での完成見学会と同時開催されていた、

秋里の構造見学会のお宅の様子です

建物内は照明が付いていないため、暗くて少し見にくいかもしれませんが・・・。

柱と柱の間に斜めに入っているのが筋交(すじかい)です。(筋違とも表記されます)

1本だとシングル。2本だとダブルです。(バッテンになっているので解り易いと思います)


ダブルにすることで、よじれや振動により強くなります

この部分を耐力壁といいます。

耐力壁は家自体の重さも支えるため、2階より1階に多く必要です。


〔2階〕



〔1階〕




2009.12.24 Thu l 鳥取市 秋里 N様邸 l COM(0) TB(0) l top ▲
本日は増改築されたお宅をご紹介させて頂きます。

【増築前】
増築前 (8)

増築前 (11)

増築前 (10)

【増築後】
IMG_0174.jpg

IMG_0176.jpg

IMG_0177.jpg

玄関部分が増築されているのがわかりますか

IMG_0165.jpg

増築して広くなった玄関には、窓もありとても明るくなりました。

カウンターも設置され、飾り棚として活躍しています。

IMG_0166.jpg

IMG_0167.jpg

玄関の出入口が2箇所あります。便利ですね。

外に置いていた自転車も、中に置くことができるようになりました。

物入れにはハンガーパイプが付いているので、コートを掛けておくことができます。

藤井邸02461

IMG_0169.jpg

IMG_0172.jpg

LDから2階へと続く階段部分にパーテーションを設置しました。


2009.12.22 Tue l リフォーム l COM(0) TB(0) l top ▲
去る19日(土)・20日(日)の二日間、

鳥取市吉岡温泉町のN様邸にて完成見学会を開催させて頂きました。

yosioka omoteyosioka ura

二日間とも見学会日和とは言い難いお天気でした

ご来場頂いた皆様、寒い中本当に有難うございました。

2009.12.21 Mon l 鳥取市 吉岡温泉 N様邸 l COM(0) TB(0) l top ▲
会社の3階から撮影

コンクリートが流し込まれていきます。

事務所02526

事務所02525

事務所02524

ならした後、すぐにコテで仕上げていきます。

IMG_0107.jpg

養生期間をおいて型枠を取ります。

この日は極寒で職人さんも大変そうでした

途中からあられが降ってきて、

コンクリートに穴が開くと思ってしまうくらい凄い勢いのあられでした。


2009.12.18 Fri l プラスホーム事務所 l COM(0) TB(0) l top ▲
窓枠~サッシと工事は進んでいます。

取付位置・高さ・水平垂直など、ひとつひとつ確認しながら行っていきます。

中原邸02529

IMG_0093.jpg

中原邸SC02553

IMG_0095.jpg

4枚目の写真に写っているピンクの板のようなものは断熱材です。


先日のBLOGで、吉岡温泉町での完成見学会のお知らせをさせて頂きましたが、

こちらのお宅では構造見学会を同日開催致します。

失敗しない家づくりは、「現場」を自分の目で見ることから始まります

全てのお客様に【安心】と【満足】を提供できるよう、

ありのままを見て頂き、【納得】して頂ければ幸いです


2009.12.17 Thu l 鳥取市 秋里 N様邸 l COM(0) TB(0) l top ▲
住宅版三大疾病のひとつともいえる雨漏りですが、先日当社でも改修工事を行いました

雨漏りはまず原因を特定しなければいけません。

雨漏り屋根からとは限りませんので、しっかりと調査することが重要です。

【改修前】

DSC08377.jpg

DSC08380.jpg

DSC08378.jpg

DSC08379.jpg




【改修後】

渡辺邸2452

渡辺邸2454

渡辺邸C02514

渡辺C02508

新築は勿論ですが、増改築などもお気軽にご相談下さいね



2009.12.14 Mon l お知らせ l COM(1) TB(0) l top ▲
土地の地盤改良工事を行っています

12月12日 (3)

地盤改良の前に地盤調査を行い、そこで地盤の地耐力(土の強さ)を数値化します。

その調査を行った後、必要であれば改良工事を行います。

地耐力がないと、その地盤は建物の重さに耐えられず沈んでしまい、

建物も傾いてしまいます。

そんなことになっては大変ですから、地盤改良をしっかり行い、

更に強固なベタ基礎で建物を支えます。

2009.12.12 Sat l 鳥取市 卯垣 I様邸 l COM(0) TB(0) l top ▲
先日卯垣で地鎮祭が行われました。

とても寒い日でしたので朝から施主様も大変だったと思いますが、

無事に終えることができました。

一般的に地鎮祭は吉日の午前中に行うのが良いとされています。

大安を選ばれる方が多いですが、それ以外でも構いません。

六曜などを参考にしてください。

・大安:全ての物事をとりおこなうのに良い日。午前9時から午後5時まで
・赤口:よろしくない日。正午のみ良い。
・先勝:午前は良い日。
・友引:良い日 正午が良くない。
・先負:午後良い。午後は大吉。先んずるのは良くない日。
・仏滅 :よろしくない日



DSC08332.jpg

DSC08339.jpg

DSC08342.jpg

DSC08347.jpg

DSC08351.jpg

近頃は地鎮祭を行わない方もいらっしゃるようですが、

一般の方が何度も経験する儀式ではありませんし、入学式や結婚式のように、

ひとつの節目としてされたほうが良いかと思います




2009.12.11 Fri l 鳥取市 卯垣 I様邸 l COM(0) TB(0) l top ▲
構造を保護するため、デザイン性だけでなく耐水性・耐火性・耐食性に優れた材料を使い、

家の内部を仕上げていきます。

DSCF0106.jpg

DSCF0075.jpg

DSCF0248.jpg
職人さん達がひとつひとつ丁寧に仕上げていきます


DSC08373.jpg

DSCF0121.jpg
対面キッチンもレンジフードが取り付けられキッチンらしくなってきました


DSCF0036.jpg
ユニットバスも入りました 広いお風呂で一日の疲れを癒してもらいたいです




そして。。。そして。。。

ついに建物の全貌が
DSCF0009.jpg
シンプル&モダンな外観が露になりました


ここでお知らせです

12月19日(土)・20日(日)

こちらのお宅の完成見学会を開催致します。

ご見学希望の方、または詳細をお知りになりたい方は

0857-30-1522までお気軽にお電話下さい。

お待ちしております。




2009.12.11 Fri l 鳥取市 吉岡温泉 N様邸 l COM(2) TB(0) l top ▲
12月に入り、プラスホームでもイルミネーションを点灯させました

気分はすっかりクリスマスモードです

イルミネーション

最近はイルミネーション用の飾りも種類が豊富で、

ホームセンターなどには特設コーナーも設置されていて、

誰でも気軽に楽しめるようになりました。

一般のご家庭でどんなイルミネーションが施されているのか気になります。

住宅街で素敵なイルミネーションのお宅を探索してみたいです。

さて、冬を彩る鳥取のイルミネーションといえば鳥取砂丘イリュージョンが有名ですね。

他にも花回廊燕趙園でイルミネーションが楽しめるようです。

どれも幻想的で別世界に迷い込んだかのような感覚になるのではないでしょうか。。。。。


2009.12.10 Thu l お知らせ l COM(0) TB(0) l top ▲
上棟が終わると、骨組が雨に濡れるのを防ぐため屋根をつくります。

屋根の下地となる※野地板(のじいた)を張り、更に防水シートも張って瓦やトタン、

カラー鉄板など耐水性に優れた屋根材を葺きます。

※野地板(のじいた)とはストレートや瓦など屋根材の下地材のこと。
yane_toshizu.gif



プラスホームでは、耐候性が高く色褪せのない陶器瓦を標準仕様としています。

DSC08294.jpg

DSC02432.jpg

DSC02434.jpg

DSC02440.jpg

建物は足場&シートで囲まれているため、外観はまだわかりません。

全貌が露になるにはあと1ヶ月弱ほどかかりそうです。


2009.12.08 Tue l 鳥取市 秋里 N様邸 l COM(0) TB(0) l top ▲
当社のゲストルーム&倉庫が着工となりました

 地鎮祭の様子です 
事務所地鎮祭①

事務所地鎮祭③

事務所地鎮祭②

P1030396.jpg

P1030390.jpg

P1030392.jpg

神妙な面持ちですね。

工事は順調に進んでいるようです。

竣工が待ち遠しいです。

2009.12.05 Sat l プラスホーム事務所 l COM(0) TB(0) l top ▲