FC2ブログ
地鎮祭が行われました。

時より、パラパラと雨粒が降ってきましたが、無事に終えることができました。


土地に基礎の形の縄が張られています。

紙の図面に描かれたものが少しずつ、形になっていきます。



DSC05482.jpg
スポンサーサイト



2009.03.30 Mon l 岩美郡 岩美町 K様邸 l COM(0) TB(0) l top ▲
明日(31日)、上棟が行われるため、そのための準備が完了しました。

基礎の上に土台(桧の4寸角)が据えられ、養生の為、ブルーシートがかけられています。

家の周りには、架設足場が組まれています。

明日の天気予報は「晴れ」です。

上棟作業も順調に進むことでしょう。


DSC05490.jpg
2009.03.30 Mon l 鳥取市 宮下 H様邸 l COM(0) TB(0) l top ▲
既存の天井をはぐって、寒さ対策のため断熱材を敷き詰めます。

その後、ボードをはっていき仕上げの段階になります。


CIMG1626.jpg

CIMG1627.jpg

床は、既存の床がしっかりしているため、その上にフローリングを敷いていきます。

CIMG1672.jpg
2009.03.28 Sat l 鳥取市 佐治 K様邸 l COM(0) TB(0) l top ▲
基礎の型枠が外れました。

これで1階部分の部屋割りがよくわかります。

外部の配管工事も同時に行われています。


DSC05457.jpg
2009.03.28 Sat l 鳥取市 宮下 H様邸 l COM(0) TB(0) l top ▲
解体工事が行われています。

柱・コンクリートなど再利用可能なものは、木材チップなどに生まれ変わるようです。


DSC05434.jpg
2009.03.28 Sat l 岩美郡 岩美町 K様邸 l COM(0) TB(0) l top ▲
ベタ基礎部分のコンクリートを施工しました。

「ベタ基礎とは?」

面で家を支える構造の「ベタ基礎工法」は、お茶を運ぶお盆だと思ってください。

お盆は、テーブルの端に1/3ほど飛び出しても落ちません。これは面で支えているおかげなのです。

面で支えるということは、地震や大雨などで起こる不同沈下(地盤が不均等に沈下してしまう現象)に強く、特に阪神淡路大震災以降、住宅の基礎工事に広く使われている基礎工法です。

さらにさらに鉄筋コンクリート造りのため、基礎スラブ(基礎の床部分)下からの害虫(シロアリ、ダニ)の影響を受けにくい工法です。



DSC05119.jpg
2009.03.17 Tue l 鳥取市 宮下 H様邸 l COM(0) TB(0) l top ▲
基礎工事が始まりました。

地面からの防湿のためシートがはられています。

その上に、鉄筋が組まれています。

基礎のコンクリートを破損しないように給排水の配管が施工されています。

DSC05103.jpg
2009.03.13 Fri l 鳥取市 宮下 H様邸 l COM(0) TB(0) l top ▲
基礎工事着工前に、必ず地盤調査を行います。

そのデータをもとに地盤改良の有無を検討します。

今回は、表層部分(1.5m)に軟弱地盤が確認できたため、

その部分を固めるため、表層改良という工法で行います。

DSC05091.jpg

表層地盤改良とは軟弱な土にセメント系固化材などをいれて混合し、地盤の支持力(地盤をかたくする)の向上を目的としています。

■特長
建物下全体を改良することにより、剛性のある安定した地盤ができます。
建物下全体を改良することにより、周辺の地盤沈下による浮き上がり現象が発生しにくくなります。


地盤改良方法もいろいろな種類があり、調査データ、分析機関、建築士の見解など

さまざまな情報を元に安心な地盤をつくっていきます。

2009.03.09 Mon l 鳥取市 宮下 H様邸 l COM(0) TB(0) l top ▲

いよいよ鳥取市宮下H様邸新築工事が着工となりました


まずは、工事に入る前に土地のお清めの儀式、地鎮祭です。


大安の日を選んで行いました。

天気予報は直前まで雨マークでしたが、当日は快晴でした。

DSC05076.jpg

地鎮祭の時に神主さんから鎮物と御札を頂き、鎮物は基礎工事の時に土の中へ。

御札は上棟後に屋根裏に取り付けます。


「鎮物」とは・・・

地霊を和め鎮めるために捧げる物です。

人像(ひとがた)・刀・矛・盾・鏡等が辛櫃(からひつ)の中に入っているようですね。

人像は、建築や築堰等の難工事にあたり、土地や川の神々を鎮めるためおこなわれていた人柱の儀礼が形式化したもののようです。

また、刀などの武具や鏡・玉は御神宝として、砂や小石、幣串・ 神籬の芯はそれぞれ神霊の宿るものとして考えられていたことによるものです。

さすがに、バチが当たりそうなので箱の中を開けて中身を確認したことはないですが・・・。





2009.03.05 Thu l 鳥取市 宮下 H様邸 l COM(0) TB(0) l top ▲
倉吉市上灘町へ「プラスホーム」の看板を設置しました。

新築・増改築・リフォームなど、倉吉の担当が迅速にお伺いいたします。

お気軽にお問い合わせください。

DSC05043.jpg
2009.03.03 Tue l お知らせ l COM(0) TB(0) l top ▲