FC2ブログ
DSC04094.jpg

断熱材の施工が終わったところです。

柱の外側にすき間なく断熱材がはられています。

外から見ると柱は内側に隠れており、窓しか見えません。

内側はこんな感じです。
DSC04097.jpg


実際に見てみないとなかなか伝わらないのかもしれません。

ご希望があれば随時、施工中も見学していただけます。

メールにてお問合せください。(右側下部のメールフォームより)
スポンサーサイト



2008.07.27 Sun l 鳥取市 秋里 M様邸 TB(0) l top ▲
DSC04100.jpg

月曜に地鎮祭を行うため、建物の建つ位置を縄張りしてきました。

写真の場所は「玄関」の位置です。

天気が晴れればよいのですが・・・。
2008.07.27 Sun l 鳥取市 卯垣 S様邸 TB(0) l top ▲
DSC04021.jpg

2階には窓が取り付けられていました。

秋里の家ではLow-E複層ガラスを採用しています。

Low-E複層ガラスの特徴

1) 遮熱性能   日射熱取得率の比較
 商 品 名      日射熱取得率
フロート単板        84%
一般複層ガラス      71%
Low-E 複層ガラス    37%

太陽からの日射熱エネルギー(近赤外線)の室内への侵入を抑制する性能を遮熱性能と言い、その性能値を日射熱取得率で表わします。日射熱取得率は、日射熱を100とした時に、何パーセントの熱が室内に侵入するか、を示しますので、比率が低いほど遮熱性能が良いことになります。

LOW1.jpg


2) 断熱性能   熱貫流率の比較
商 品 名         熱貫流率 W/m2K
フロート単板          5.8
一般複層ガラス        2.9
Low-E 複層ガラス      1.6

室内外の温度差による熱エネルギー(遠赤外線)の移動に関する性能を断熱性能と言い、その性能値を熱貫流率で表わします。熱貫流率は、例えば冬の夜に、室内から室外へ窓を通して熱が移動する時、1時間・1m2当たり移動する熱量を、室内外の温度差で割ったもので、値が低いほど断熱性能が良いことになります。又、断熱性能が向上すると、室内側のガラス表面の温度が下がりにくくなる為、結露が発生しにくくなります。

LOW2.jpg

2008.07.13 Sun l 鳥取市 秋里 M様邸 TB(0) l top ▲
日時 : 7月19日~21日  10時~18時 

掘りごたつ・リビング続きの畳コーナー・屋根勾配を利用した大きな小屋裏収納など
見所たくさんの見学会場です。

また、市内全域の土地情報なども準備いたしております。

土地からお探しの方もご来場お待ちしています。
7_19plus omote teisei_1
2008.07.12 Sat l お知らせ TB(0) l top ▲
7/5・6日に開催させていただきました見学会には、暑い中たくさんのお客様にご来場いただきました。

2日間で合計54組119名のご参加ありがとうございました。

気温が30℃を超える中での見学で、当社スタッフ・お客様も汗を流しながらお話しさせていただきました。

午後の混みあった時間にはご案内が十分に行き届かなかった点もありましたこと、ご容赦ください。


次回の見学会は7月19・20・21日の三連休に鳥取市叶で行います。

2008.07.12 Sat l お知らせ TB(0) l top ▲