FC2ブログ
DSC03880.jpg


完成見学会のご案内
日時:7月5日(土)・6日(日)
    10時~17時

2世帯同居ならではの気くばり設計です。

2階LDKの間取り・屋根裏を利用した大きな収納をご覧ください。

miyanaga_map.jpg

スポンサーサイト



2008.06.27 Fri l 鳥取市 宮長 S様邸 TB(0) l top ▲
DSC03858.jpg


天気がよかったので、屋根に上って写真を撮ってきました。

瓦と聞くと黒色でJ形(下参照)を思い浮かべますが、
今では下のように瓦もいろいろな形・色があります。

瓦


今回は形について。

瓦は、その形状の違いでもさまざまに呼ばれます。

「本葺き」は、瓦の伝統的な形で受けとなる平瓦と、上にかぶせる丸瓦がセットとなっており、現代でも寺社建築などに用いられています。

「J形」は本葺きの平瓦と丸瓦を1枚の瓦に結合したデザインで、引掛桟瓦葺きで施工されます。

「F形」は明治に輸入されたフレンチ瓦がそのルーツといわれ、平らな板状デザインが特色です。そのため、F形のFは、現代ではフレンチというよりフラットの意味で用いられています。

「S形」はF形と同じように明治以降に輸入された「スパニッシュ」から発展した形です。

「スパニッシュ」は上丸瓦と下丸瓦の2ピースなのに対し、「S形」は2つを一体成型したデザインとなっています。

この家にはF形が使われています。
2008.06.24 Tue l 鳥取市 秋里 M様邸 TB(0) l top ▲
DSC03822.jpg


トイレ室内の写真ですが、壁厚を利用して、収納を造ります。

外断熱の断熱材(薄緑部分)が柱の外側にあるため、壁の中は空洞になっています。

そのため、断熱材を気にせず奥行き100mm程度の収納を造ることができます。
2008.06.22 Sun l 鳥取市 宮長 S様邸 TB(0) l top ▲
DSC03818.jpg


内装業者さんが天井や壁にクロスを貼っていました。

2階リビングのキッチンですが、まだ養生がされているため、見えませんでした。

完成見学会を7月5日・6日で予定しています。

詳しくは、ブログ・HP・折込チラシにてご案内させていただきます。

2008.06.19 Thu l 鳥取市 宮長 S様邸 TB(0) l top ▲
DSC03819.jpg


小屋裏収納への階段が設置されています。

小屋裏階に収納を造るのは得な建て方です。
 なぜ得か。

 普通の木造住宅なら、ほおっておいても小屋裏空間ができる、そこを収納スペースに利用するからです。大きな収納が得られる割に、建設費が少なくてすみます。

 スペースはそうとうなものです。
 総二階、延べ床面積30坪(100㎡)の住宅で考えてると。
109koyaura.gif


14畳(7坪・23㎡)ぐらいの収納は簡単にできます。
 これが1階や2階ならどうだろう。14畳もの収納をつくるのはたいへんなことです。
 が、小屋裏階では意外に簡単。
 収納問題は一挙に解決の感が。



 もちろん手放しでは喜べません。
 (1)屋根の形に制限される。
 (2)小屋裏階にあるのは不便。
 (3)法律の制限あり。
 以上のような制約はあるが、差し引いても小屋裏収納は得ではないでしょうか。

プラスホームでは断熱材も屋根形状で敷いてあるので、
屋根裏といっても居住空間と同じような温度が保てるため快適に過ごせます。


2008.06.19 Thu l 鳥取市 叶 N様邸 TB(0) l top ▲
DSC03730.jpg

外壁のサイディングが施工されていました。

1階部分・2階部分でサイディングの模様・色が変えられており
落ち着いた感じのデザインで仕上げられるのではないでしょうか。

足場が取れるのが楽しみですね。

DSC03719.jpg


小屋裏収納も造るため、間柱(細い柱)が入っています。

断熱材(白い板状)が屋根形状に合わせて敷いてあるので、

小屋裏も居住空間と同じような温度で保つことができます。

外断熱のメリットですね。


2008.06.15 Sun l 鳥取市 叶 N様邸 TB(0) l top ▲
DSC03703.jpg

2階にもキッチンがあるため、排水パイプが1階の天井をはわせています。

排水の音が1階に伝わらないように、消音材がパイプに巻かれています(黒い部分)。

ユニットバスも設置されています。

DSC03697.jpg
2008.06.14 Sat l 鳥取市 叶 N様邸 TB(0) l top ▲
DSC03707.jpg


7月上旬の完成見学会に向けて急ピッチで現場が動いています。

この宮長の家は2階リビングの間取りです。

バルコニーが見えますが、キッチンから出れるようになっています。

2008.06.14 Sat l 鳥取市 宮長 S様邸 TB(0) l top ▲
天気予報は降水確率70%でしたが、小雨がチラホラ見えたぐらいで、

無事に上棟ができました。

ここでも、晴れ男(社長)パワー発揮しました。

DSC03651.jpg


クレーンから次々に木材が大工さんの手に渡っていきます。

息の合った作業が現場では見られました。

DSC03656.jpg
2008.06.06 Fri l 鳥取市 秋里 M様邸 TB(0) l top ▲