FC2ブログ
鳥取市 南安長 K様邸

広く深く玄関ポーチのスペースをとっています

雨の日玄関先で傘を畳む時にも濡れることなくバッチリ。

玄関ドアには、片袖FIX窓を採用

ドア横のガラスにより採光され、玄関内部を明るくするのに有効です

PB020112.jpg

ポストも、外に出ることなく室内側で郵便物が取れるのが便利です

雨の日でも郵便物が濡れません

冬なんて特に、毎朝寒~い外に出て新聞を取りに行くなんて大変ですもんね

(子供の頃、寒~い朝、外のポストに新聞を取りに行ってくるのは、私の役目でした。
でもでも、おじいちゃんがそのポストの中にお菓子をたまに入れておいてくれたりして、何気に楽しみでもありましたが


PB020120.jpg

玄関を入ると土間収納があります

コートやスコップなどの収納として、家の中にこういった土間収納があると断然便利です

そして、その横にはちょっとしたニッチを設けました。

玄関を入ってすぐ目に留まる飾り棚としてはもちろん、実用的に鍵などを置いておくにも便利だったりします



K様邸、現在内装工事が進行中です


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取(市)情報へ
↑↑↑ランキングに参加しています。ポチッとクリックして頂けると管理人が喜びます♪

↓↓↓【プラスホームホームページ】【スタッフブログ】もご覧下さい
ロゴ図4

スポンサーサイト
2017.11.07 Tue l 鳥取市 南安長 K様邸 l COM(0) TB(0) l top ▲
鳥取市 南安長 K様邸 

1階に床が張られているところです。

K様邸、杉の「圧密」無垢材を使用。

元々杉材は、木そのものが柔らかく空気をたくさん含んでいるため、
木の肌触りが心地良く、とても温もりを感じる素材です
ただし、柔らかすぎる故に、床材として使うには傷が付きやすいという点が気がかりと言わざるを得ません

そこで「圧密」の出番です

「圧密」加工とは、その文字通り、高圧のローラーで木を熱圧処理し、木の密度を高めたものです。
これによって硬さは元の倍近くになるようです。
傷が付きやすいという無垢材の欠点を補いつつ、木の肌触り・温もりはそのまま

そして圧密加工によってできた表面の凹凸は「浮造り」と呼ばれ、素足で過ごすとこの凹凸感がこれまた気持ちい~いんです

少々傷が付いたとしても、目立ちにくいというメリットもあります


無垢材の肌触りを損なうことなく、長くに渡って上品さと温もりを味わうことのできるおススメの床材です


PA130001.jpg

床材にも色々な種類がありますが、永くに渡って毎日触れるものですので、色合いや質感がお好みに合うものを是非じっくり検討してみて下さい


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取(市)情報へ
↑↑↑ランキングに参加しています。ポチッとクリックして頂けると管理人が喜びます♪

↓↓↓【プラスホームホームページ】【スタッフブログ】もご覧下さい
ロゴ図4

2017.10.15 Sun l 鳥取市 南安長 K様邸 l COM(0) TB(0) l top ▲
先日上棟が行われました、鳥取市南安長 K様邸

プラスホーム自慢の断熱工事
外断熱で躯体がすべて覆われました

PA060014.jpg

断熱工事はこれで完了。
・・・と思いきや、まだまだこれからがあるんです

外断熱+内側断熱付加のダブル断熱です!

外断熱で、きっちり防水・気密を取りながら構造木材すべてを覆った上で、
さらに内側からも厚み・密度たっぷりの高性能グラスウールを入れ込んでいきます。


まずは屋根面に付加断熱
PA060019.jpg

さらに壁面も同じように、内側に断熱材がこれから加わっていきます


費用対効果も高いこの付加断熱
最小限の冷暖房で、「夏は涼しく、冬は暖かく」
一年中快適を実際のものとします

断熱はもちろん、防音にも効果があり、外の音を気にすることなく生活していただけます

プラスホームのこの断熱の快適さをより多くの人に味わってほしい~


にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取(市)情報へ
↑↑↑ランキングに参加しています。ポチッとクリックして頂けると管理人が喜びます♪

↓↓↓【プラスホームホームページ】【スタッフブログ】もご覧下さい
ロゴ図4

2017.10.07 Sat l 鳥取市 南安長 K様邸 l COM(0) TB(0) l top ▲
鳥取市南安長 K様邸

先日、とってもキレイな青空の下、上棟が行われました

sP9260002.jpg

大工の段取りよい事前準備と素晴らしいチークワークで、お昼にはもう建物の外観がわかるくらいまで骨組みが進みました。

午後も順調に、上棟当日に屋根の下葺きまで完了しました



【外断熱】では、下の写真の通り、防水性をもった板状の断熱材で、屋根面から構造木材をすべて覆います。

複雑な納まりとなる谷も、丁寧に1枚1枚の断熱材を大工が加工し、徹底的に隙間が無いように張り合わせていきます

sDSC_5964.jpg

ひとたびこの断熱材で覆われたら、雨が降っても風が吹いても安心です
そしてこの安心感は一生涯なのです


K様、上棟おめでとうございます

この日のことは、たった1日の出来事かも知れませんが、紛れもなくK様のこの先の生涯にとって大切なお住まいが生まれた瞬間です


今後も職人共々、K様の素敵な暮らしを支える家づくりに精一杯取り組んで参ります




にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取(市)情報へ
↑↑↑ランキングに参加しています。ポチッとクリックして頂けると管理人が喜びます♪

↓↓↓【プラスホームホームページ】【スタッフブログ】もご覧下さい
ロゴ図4
2017.09.28 Thu l 鳥取市 南安長 K様邸 l COM(0) TB(0) l top ▲
上棟に向け工事進行中です

鳥取市 南安長 K様邸

配筋検査も完了しております

地面からの湿気が基礎に上がるのを防ぐ防湿シートをはり、捨てコンクリート打設が行われました。

この捨てコンクリートは、鉄筋の位置を記す墨だしをしやすくするもので、ひいては基礎配筋の

精度を高める為の大事な役割を持っています
DSC_5682.jpg



配筋が完了し、JIOさんによる配筋検査を受けました
DSC_5731.jpg

鉄筋の本数、直径、配置の間隔など、図面通り正しく施工されているか、

第三者機関のチェックを受けます!

もちろん無事に完了です

9月下旬の上棟に向け工事進行中です



にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取(市)情報へ
↑↑↑ランキングに参加しています。ポチッとクリックして頂けると管理人が喜びます♪

↓↓↓【プラスホームホームページ】【スタッフブログ】もご覧下さい
ロゴ図4


2017.09.15 Fri l 鳥取市 南安長 K様邸 l COM(0) TB(0) l top ▲