FC2ブログ
先日、桜ヶ丘ロハス内に建築して頂いたH様邸の6ヵ月点検が終わりました。

写真は和室の建具の反りを確認しているところです。



お引渡後には、6ヵ月・1年・2年と点検に伺っています。

何十年も全く不具合なく暮らせる家が理想的ですが、

どうしても細かい不具合が出てきてしまうのが住宅です。

もちろん、お施主様に完璧な状態でお引渡しできるよう尽力はしています

社内竣工検査でも細かい部分まで念入りにチェックをしています。

定期点検時以外でも、不具合があれば迅速に対応するよう心がけています。

『この程度のことでいちいち連絡するのもなぁ・・・・・

な~んて思う方もいらっしゃるかもしれませんが、心配御無用

どんな些細なことでも、お気軽にご連絡を頂きたいと思っています



 にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 鳥取(市)情報へ
↑↑↑ランキングに参加しています。よろしければポチッとクリックお願いします♪

スポンサーサイト
2011.05.20 Fri l 烏取市 東今在家 H様邸 l COM(0) TB(0) l top ▲
DSC_0008.jpg

外では外構工事が、中ではクロスの下地のボードが貼られています。

SH3F1527.jpg

完成見学会は11月20日(土) 23日(火)の4日間開催予定です

桜ヶ丘ロハスという分譲地内にて、時間はam10:00~pm5:00となっております


Map_20101106111033.jpg

DSC_0010_20101106111033.jpg




2010.11.06 Sat l 烏取市 東今在家 H様邸 l COM(0) TB(0) l top ▲


サイディングが貼られています。

断熱材とサイディングの間に、通気層が設けられているのがわかりますか?

構造体(木の部分) 断熱材 通気層 外装材(外壁)という具合で、

構造と外装材(外壁)の間に空間を設け、

常時構造の中に溜まりやすい湿気を外に逃がしてあげることができます。



2010.10.30 Sat l 烏取市 東今在家 H様邸 l COM(0) TB(0) l top ▲
SH3F1321.jpg

バルコニーの防水工事の様子です。

防水工事には・・・・・

アスファルト防水・塗膜防水・シート防水・モルタル防水・浸透性防水・FRP防水

などがあります。

この中で最近になって木造住宅などで最もよく使われるのがFRP防水です。

FRP防水は、ビルやマンションの屋上や

住宅のバルコニーに用いられる防水工事方法のひとつです。

FRPとは繊維強化プラスチック(Fiber Reinforced Plastic)の略で、

強度・耐水性・成型性に優れており、

船舶、バスタブ、プール、屋根材etc...として広く使われています。

下地と防水を馴染ませる接着剤のようなものであるプライマー塗布後、

ガラス繊維のマットが敷かれます(写真の白いもの)。

このマットにコテやローラーでポリエステル樹脂を含浸させ防水面を作ります。



2010.10.12 Tue l 烏取市 東今在家 H様邸 l COM(0) TB(0) l top ▲
屋根工事の様子です。

瓦の下は、

ゴムアスファルトルーフィング コンパネ 通気胴縁 断熱材 垂木

という構造になっています。



TS3Q0168.jpg
                                       
屋根最頂部の断熱材の隙間を埋める為、現場発泡ウレタンを使用します。

屋根の通気層の空気がぬけるように、野地板は写真のように施工しておきます。

TS3Q0177.jpg
                                       
ゴムアスファルトルーフィングを敷いています。

炎天下の中ヘルメット着用で屋根の上。。。。。

職人さんの体調を考慮して、瓦葺きは一日延期となりました


2010.09.03 Fri l 烏取市 東今在家 H様邸 l COM(0) TB(0) l top ▲