FC2ブログ
DSCF2485.jpg

DSCF2490.jpg

木工事は順調に進んでいます。

小屋裏には、地鎮祭で神主さんから頂いた御札が張付けられています。





2010.04.26 Mon l 鳥取市 宮長 Y様邸 l COM(0) TB(0) l top ▲


フロアが貼られている途中です。

フロアの下は構造用合板28mmです。

厚物構造用合板と呼ばれ、曲げに強いために根太を省略することができます。


2010.04.22 Thu l 鳥取市 宮長 Y様邸 l COM(0) TB(0) l top ▲


断熱材が張られています。

以前もこのBLOGでご紹介させて頂いたカネライトフォームという断熱材です。

ちなみに・・・カネライトフォームとは、断熱材の種類ではなく商品名なのです

“断熱材”といっても、実はいろんな種類があります。

まず素材別に大きく分類すると。。。。。 

≪自然系≫ ≪プラスチック系≫ ≪鉱物系(無機繊維)≫ に分けられます。

カネライトフォームは≪プラスチック系≫に分類され、

 ≪押出法ポリスチレンフォーム≫という種類になります。

原料はポリスチレン樹脂と難燃材、発泡剤で、押出しながら成形されます。

断熱性・耐圧性・耐候性に優れていて、吸水・吸湿性熱伝導性が小さい事が特徴です。

発泡プラスチック系断熱材は、結露しにくいという長所がありますが、

価格が高めなのが難点です


2010.03.28 Sun l 鳥取市 宮長 Y様邸 l COM(0) TB(0) l top ▲


上棟が行われました。

前日がものすごい強風だったため、

予定通り行えるのかとても心配していました

大雨や強風の場合、作業上のリスクが高まるため、

上棟は中止せざるを得ません。

当日は風も落ち着き、無事作業を終えることが出来ました

DSCF1754.jpg

屋根部分に断熱材も敷かれ、家の周りはシートで覆われました。

DSCF1757.jpg

これから着々と工事は進んでいきます。


2010.03.18 Thu l 鳥取市 宮長 Y様邸 l COM(0) TB(0) l top ▲
立上がりコンクリート打設の様子です。

DSCF1487.jpg

コンクリートから突き出ているのがアンカーボルトです。

DSCF1488.jpg

地震や台風などの大きな外力が建物にかかる際に、

土台が基礎からずれたり浮き上がったりすることがないよう、

しっかりと固定させる金物の事です。

阪神大震災の時に土台が基礎からずれていたのは、

アンカーボルトがしっかりと働いていなかったからだと言われています。

いくら基礎が頑丈にできたとしても、

アンカーボルトの設置がうまくいっていなければ、

その基礎は何の役にもたたない事になります。




2010.02.25 Thu l 鳥取市 宮長 Y様邸 l COM(0) TB(0) l top ▲